ライフスタイル

【貯まらない…】一人暮らしが賢く貯金する方法

20代男性が貯金をするためのイメージのアイキャッチ画像

 

 

アナタは一人暮らしをしていますか?

 

 

なるほど。

 

 

なかなか、お金貯まりませんよねぇ…

 

 

特に20代の人の給料では、会社に近い家に住んで、たまに飲みに行っていたら貯金なんて出来ないですよね。

 

 

この記事では、貯金ができなくて困っている人向けに、賢く貯金する方法を紹介していきます。

 

貯金する目的を明確にする

 

貯金した後に、何をしたいのか、目的を明確にしましょう。

 

 

貯金するためには、今の生活スタイルを変化させる必要があり、しんどい事も多いです。

 

 

「ただ何となくお金貯めたいなぁ」という動機だけでは、すぐに心が折れてしまうでしょう。

 

  • 15万円貯めて、MacBookが欲しい!
  • 30万円貯めて、ハワイに旅行に行きたい!
  • 300万円貯めて、結婚費用に当てたい!

 

 

などなど、目的を明確にすることで、貯金するモチベーションを維持することが出来ます。

 

目標を達成した後の気持ちをリアルにイメージすることで、さらにモチベーションが上がって、日々の貯金生活が楽しくなってくることもあるでしょう。

 

毎月の貯金額を決めて、目的までのプランを立てる

 

さきほど少し書きましたが、

 

  • 15万円貯めて、MacBookが欲しい!
  • 30万円貯めて、ハワイに旅行に行きたい!
  • 300万円貯めて、結婚費用に当てたい!

 

など具体的な貯金額を決めましょう。

 

 

また、それに加えて期間も設定すると、より効果的です。

 

  • 3ヶ月後までに、15万円貯めて、MacBookが欲しい!
  • 次のゴールデンウィークまでに、30万円貯めて、ハワイに旅行に行きたい!
  • 来年の4月までに、300万円貯めて、結婚費用に当てたい!

 

 

などといったように、期間を設定することで、目的までのプランが立てやすくなります。

 

 

3ヶ月で15万円貯めたいならば、単純に月5万円ずつ貯めるプランを考えてみるといいでしょう。

 

 

期間が長ければ、ボーナスを全額貯金することを念頭に、毎月の貯金額を決めてみたりと。

 

 

まずは、立てた道筋通りに1ヶ月実施してみて、難しそうな場合は、毎月の貯金額を減らしたり、期間を延長したりと調整してみて下さい。

 

 

強引に予定通り進めようとすると、どこかで破綻していしまうので、無理をしない範囲で行いましょう。

 

具体的な貯金法と、節約方法

 

貯金のマインドセットは整ったところで、具体的な貯金・節約方法を紹介していきます。

 

 

あくまで一例ですので、自分に合うかを考えながら読んでみて下さい。

 

貯金法:給料日に毎月の貯金額を天引きする

 

月初めに、「1ヶ月で5万円貯金しよう!」と決心しても、月末にはほとんどお金がのこっていない…という経験はありませんか。

 

 

手元にお金があると、どうしても使ってしまいますよね。

 

 

なので、給料日に貯金額を天引きするのが、オススメです。

 

 

給料が入った瞬間に貯金額を引くので、残りの金額で1ヶ月の生活をすることになります。

 

 

「大丈夫なのかな?」と不安になると思いますが、意外と生活できちゃいます。

 

 

20万円スタートで5万円残すよりも、15万円スタートでやりくりする方が、日々節約を意識できるのだと思います。

 

貯金法:小さい成功で、自分にご褒美をあげる

 

正直、貯金生活はしんどいことが多いです。

 

 

「今まで、頑張ってきたから今月はもういいだろ」とサボってしまって、そのままズルズルと貯金しなくなるパターンがあります。

 

 

いくら目標達成をイメージしても、頑張るためのガソリンが切れてくるんですよね。

 

 

そんな時は、小さい成功で、自分にプチご褒美をあげて下さい。

 

 

一ヶ月、達成したから読みたかったマンガを買ってみたり、

 

モチベが下がっていたのに1週間がんばれたので、好きなスイーツを買ってみたり、

 

大きなプランの各ポイントで、自分へのご褒美があることで、「貯金を頑張れば良いことがある!」と、モチベーションが維持されます。

 

 

まずは小さい目標と達成したご褒美を考えてみては。

 

節約方法:家賃を見直す

 

節約のためには、大きな支出を見直すことから。

 

 

一人暮らしをしていて、毎月の大きな支出となるのは、家賃と食費です。

 

 

まずは、家賃の見直しを考えてみましょう。

 

 

とはいっても、すでに一人暮らしをしている人は、いきなり引っ越せないので、家賃の見直しは難しいと思います。

 

 

これから一人暮らしをする人や、部屋の更新が近い人は検討してみて下さい。

 

 

家賃が高くなる要素としては、駅チカであったり、土地が高い、築浅、などなどあると思います。

 

 

自分がどの要素なら目をつむれるかを考えてみて下さい。

 

 

  • リモートワークができる人ならば、土地が高い会社近くでなくても良い
  • 部屋がリノベされて綺麗であれば築年数は気にしない

 

 

受け入れられるポイントを考えて、家賃が抑えられる物件に引っ越してみるのもいいでしょう。

 

節約方法:食費を見直す

 

家賃に次いで、大きな支出の食費

 

家賃よりも手を付けやすいので、見直してみましょう。

 

ただ、平日の仕事終わりにクタクタで帰ってきて、そこから料理をするのは、正直しんどい…。

 

なので、週末に「ホビークック」をすることを提案します。

 

「ホビークック」は、その名の通り、趣味として料理を楽しむことです。

 

時間がある週末に、こだわりを持ってカレーを作ってみたり、豚の角煮を煮てみたり、土鍋でご飯を炊いてみたり。

 

めちゃ適当に言ってますが、料理を楽しむことがポイントです。

 

だんだんと料理を好きになれば、

 

  • 週末に常備菜を仕込んでお弁当にすれば、平日のお昼ご飯にもなるし
  • 自宅でおつまみを作れるようになれば、友達を呼んで家飲みすることで、飲み代を減らせるし
  • レシピ本を出してベストセラーになれば、印税で生活できるし

 

 

最後は無理にしても、それ以外でも、節約につながりますよね。

 

まとめ:貯金する目的を明確にして、プランを立てよう

 

貯金に必要なのは、動機とモチベーション

 

 

なんのために貯金をするのかを明確にして、プランを立てられれば、成功に近づくでしょう。

 

 

ただ、モチベーション維持は難しいので、ちょこちょこご褒美を入れていくスタイルで!